紹介予定派遣で仕事を探す

« 派遣の仕事は高収入 | メイン | 派遣の仕事と収入 »

普通の派遣業務と異なり、紹介予定派遣とは正社員になる前提で働きます。期間は一番長くて6ヶ月です。労働者側は、ここはフルタイムで雇われたい会社かどうかを、派遣されている間に見極めて判断を下します。その人の勤労態度を見ることによって、派遣先の会社でも正社員とするかどうかを見極めます。そして、あらかじめ決まっていた派遣契約が終わる時に、紹介予定派遣会社が仲立ちして双方の意向を確認するのです。うまく話がまとまれば、派遣で雇われていた人は正社員となることができます。

派遣期間内だけの就労で終わるのは、どちらか片方、あるいは両方が正社員雇用を希望しなかった場合です。この紹介予定派遣を利用するには、人材派遣会社へ登録する必要があります。紹介予定派遣会社では登録した人に対して担当がつき、登録者の求職企業種から条件に合う会社を選びだして派遣業務の仕事を紹介します。最終的にどの会社に予定派遣を頼むかは、候補にあげてもらったものの中から希望に合うものを選択します。

会社の事前面接を受けて通過すれば、紹介予定派遣に行くことができます。事前面接は、紹介予定派遣だからこそできることです。普通の派遣では事前面接はできないことになっており、正社員になること前提であるために面接ができます。数多くある求人情報を一つ一つ自分で目を通し、採用されてみなければ会社の本質がわからないような状況で求職活動をするより、紹介予定派遣会社に登録すれば仕事を紹介してもらえ会社の様子見もできます。

サイトTOPへ